• ▶︎ プロフィール
  • ▶︎ 著書一覧
  • 常世の舟を漕ぎて 熟成版
  • 「雑」の思想:世界の複雑さを愛するために
  • よきことはカタツムリのように
  • 弱虫でいいんだよ
  • サティシュ・クマールのゆっくり問答 with 辻信一
  • ゆっくり小学校─学びをほどき、編みなおす
  • 「しないこと」リストのすすめ:人生を豊かにする引き算の発想
  • 弱さの思想 たそがれを抱きしめる
  • 他力・自力のしあわせ論─こうやって生きれば大丈夫
  • 英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業
  • 降りる思想:江戸・ブータンに学ぶ
  • ホーキせよ!~ポスト3・11を創る
  • ナマケモノ教授のぶらぶら人類学
  • カラー図解 ストップ原発〈4〉原発と私たちの選択
  • 自然農という生き方―いのちの道を、たんたんと
  • いのちの中にある地球 最終講義:持続可能な未来のために
  • しあわせ (考える絵本)
  • しんしんと、ディープ・エコロジー〜アンニャと森の物語
  • ピースローソク―辻信一対話集
  • スローメディスン―まるまる治る、ホリスティック健康論
  • スローライフのために「しないこと」
  • いよいよローカルの時代―ヘレナさんの「幸せの経済学」
  • ゆるゆるスローなべてるの家―ぬけます、おります、なまけます
  • エコとピースの交差点―ラミス先生のわくわく平和学
  • テクテクノロジー革命―非電化とスロービジネスが未来をひらく
  • GNH―もうひとつの“豊かさ” へ、10人の提案
  • そろそろスローフード―今、何をどう食べるのか?
  • 幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて
  • カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人
  • セヴァン・スズキの私にできること―森のつくりかた守りかた
  • 地球をまもる絵事典
  • 「ゆっくり」でいいんだよ
  • だきしめて スローラブ ゆるやかにしなやかに 男と女の性と愛
  • ハチドリのひとしずく いま、私にできること
  • 私にできること~地球の冷やし方
  • わたしと地球の約束―セヴァンのわくわくエコライフ
  • スロービジネス
  • スロー快楽主義宣言!―愉しさ美しさ安らぎが世界を変える
  • スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化
  • スローライフ100のキーワード
  • 常世の船を漕ぎて―水俣病私史
  • ブラック・ミュージックさえあれば
  • ハーレム・スピークス-黒人ゲットーの今を生きる
  • 日系カナダ人
  • ヒア・アンド・ゼア−北米大陸ホーボー通信
  • ▶︎ コラム
  • ▶︎ フォト
  • ▶︎ ムービー
  • ▶︎ TOP
  • 辻信一小世界 ≫ 著書一覧

    常世の舟を漕ぎて 熟成版

    著 者:緒方正人(語り)
    辻信一(聞き書き・構成)

    出版社:株式会社素敬 SOKEIパブリッシング
    発売日:2020/3/31
    価 格:¥2300(税別)

    1953年、水俣湾周辺で、魚が海に浮かび、海鳥やネコの変死が続いた。化学品製造会社チッソが起こした公害の原点、水俣病によるものだった。同年、水俣北部の漁師町に、緒方正人は生まれた。6歳の時、父が突然水俣病で死去、一族もみな発症した。漁師を継ぎながら、父の仇を討つかのように、チッソや行政に対する補償運動、責任追及闘争に没入していく正人。しかし、ある体験をきっかけに、それまでの補償を求める闘いから身を引く。以来、自らも文明社会における加害者であることを認め、それまでとはまったく違う行動を起こすのだった――。この正人の行動に共鳴した辻信一は、そこに至った道を明らかにするため、正人の生い立ちを、想いを辿る。
    近代とは、文明とは、人間とは、いのちとは……。ユーモアに溢れながらも切なく響く正人の問いかけは、あなたの内にどのようにこだまするだろうか。作家、石牟礼道子の序文「神話の海へ」も収録。

    (本書は、『常世の舟を漕ぎて 水俣病私史』(世織書房)1996、『週刊金曜日』316号・特集「水俣病事件からの光」2000、『Rowing the Eternal Sea: The Story of a Minamata Fisherman』(Rowman & Littlefield)2001、の原稿を再編集、そして、2018年、2020年の聞き書きを増補、熟成版として刊行した)

    水俣病の問題をやっていると、病気の問題だっていうこともあるし、それ以上にね、いのちの問題でしょ。…中略…魚も鳥も猫も、他の多くの生きものたちも巻き込んでるわけですよ。
    話をもっと根源へと辿らないと、人間存在の罪深さが見えない。それは水俣病にとどまる問題じゃない。…中略…存在自体のあり方に関わる罪深さが、しまいに母体である地球を傷つけた。母体にまで毒を飲ませてしまったんです。それがこの文明社会の罪深さです。

    緒方正人 本書より

    この二十数年とは、世界の危機がぼくの想像をはるかに超えるペースで深まりゆく月日だったが、それは同時に、緒方正人の思想が着々と深まり熟成していく日々でもあった。こうして今でも、その彼の身体からほとばしり続ける言葉を書き留め、それを一人でも多くの人に送り届けるという仕事に「加勢(かせ)」できることはぼくにとってこの上ない歓びだ。…中略…
    彼の存在は今も灯台のように、暗い世界に一条の光を投げかけている。

    辻信一 本書増補熟成版への「あとがき」より

    本書は、水俣病問題を扱った本ではない。水俣病を体験したひとりの人間の想いと行動から、人間の生き方を問う書である。漁師でありながら、いや、漁師であるがゆえに、“いのちの思想”を全身で養い、表現し続けた緒方正人。
    「おら、人間ぞ!」
    その言葉の意味を探り、あなたの暮らしの中で熟成させてもらいたい。

    ◉ 緒方正人(おがた・まさと)
    不知火海漁師。1953年、熊本県芦北町女島生まれ。6歳の時、父・福松を水俣病で亡くす。自身も水俣病を発症しながら、家業の漁師を継ぐ。1974年、水俣病の認定申請を行い、水俣病認定申請患者協議会(申請協)に入会。認定訴訟闘争のリーダー的存在であった川本輝夫と、認定申請・補償訴訟運動を展開する。1981年、申請協の会長に就任するも、認定と補償を求める運動のあり方に疑問をもち、1985年、申請協の会長を辞任。三か月間、自ら“狂い”と呼ぶ時期を過ごした後、認定申請を取り下げた。1987年、木造の舟「常世の舟」を完成。水俣まで舟を漕ぎ、チッソ水俣工場正門前で、たった独りの坐り込みを行なった。以来、水俣病の被害者としてではなく、文明社会におけるいのちの加害者を自認しながら、水俣病事件に対するお金ではない償いのあり方、加害者と被害者を超えた関係性のあり方などを問い、表現し続けてきた。現在も、不知火海で漁師を営みながら、いのちの思想を人々に伝えている。著書に『チッソは私であった』(葦書房、2001)がある。

    『常世の舟を漕ぎて 熟成版』へのメッセージ

    三砂ちづるさん
    藤原辰史さん
    山崎亮さん
    徳永進さん


    → ゆっくりweb ショップへ