• ▶︎ プロフィール
  • ▶︎ 著書一覧
  • 常世の舟を漕ぎて 熟成版
  • 「雑」の思想:世界の複雑さを愛するために
  • よきことはカタツムリのように
  • 弱虫でいいんだよ
  • サティシュ・クマールのゆっくり問答 with 辻信一
  • ゆっくり小学校─学びをほどき、編みなおす
  • 「しないこと」リストのすすめ:人生を豊かにする引き算の発想
  • 弱さの思想 たそがれを抱きしめる
  • 他力・自力のしあわせ論─こうやって生きれば大丈夫
  • 英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業
  • 降りる思想:江戸・ブータンに学ぶ
  • ホーキせよ!~ポスト3・11を創る
  • ナマケモノ教授のぶらぶら人類学
  • カラー図解 ストップ原発〈4〉原発と私たちの選択
  • 自然農という生き方―いのちの道を、たんたんと
  • いのちの中にある地球 最終講義:持続可能な未来のために
  • しあわせ (考える絵本)
  • しんしんと、ディープ・エコロジー〜アンニャと森の物語
  • ピースローソク―辻信一対話集
  • スローメディスン―まるまる治る、ホリスティック健康論
  • スローライフのために「しないこと」
  • いよいよローカルの時代―ヘレナさんの「幸せの経済学」
  • ゆるゆるスローなべてるの家―ぬけます、おります、なまけます
  • エコとピースの交差点―ラミス先生のわくわく平和学
  • テクテクノロジー革命―非電化とスロービジネスが未来をひらく
  • GNH―もうひとつの“豊かさ” へ、10人の提案
  • そろそろスローフード―今、何をどう食べるのか?
  • 幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて
  • カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人
  • セヴァン・スズキの私にできること―森のつくりかた守りかた
  • 地球をまもる絵事典
  • 「ゆっくり」でいいんだよ
  • だきしめて スローラブ ゆるやかにしなやかに 男と女の性と愛
  • ハチドリのひとしずく いま、私にできること
  • 私にできること~地球の冷やし方
  • わたしと地球の約束―セヴァンのわくわくエコライフ
  • スロービジネス
  • スロー快楽主義宣言!―愉しさ美しさ安らぎが世界を変える
  • スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化
  • スローライフ100のキーワード
  • 常世の船を漕ぎて―水俣病私史
  • ブラック・ミュージックさえあれば
  • ハーレム・スピークス-黒人ゲットーの今を生きる
  • 日系カナダ人
  • ヒア・アンド・ゼア−北米大陸ホーボー通信
  • ▶︎ コラム
  • ▶︎ フォト
  • ▶︎ ムービー
  • ▶︎ TOP
  • 辻信一小世界 ≫ 著書一覧 ≫ メッセージ

    藤原辰史さんより、
    『常世の舟を漕ぎて 熟成版』へのメッセージ

    藤原辰史(京都大学人文科学研究所准教授)

    落ち着いてから、と思っていたのですが、もう止まらなくなって読んでしまいました。
    辻さんが、無になって聞き取られている様子が浮かびました。
    恐るべき耳力だと感じ入りました。

    まず、自分は中高生の時、山間の農村に住んでいましたが、その頃に感じていたはずなのに忘れていたことが一気に蘇りました。
    木や空気や農具や川や魚の素材の匂い。
    とともに、緒方さんの漁師(私なら農民)の像が懐かしかったです。

    緒方さんのお父さんもすごかったのですが、お母さんの「狭い」と思われていた見方の深さに、次第に気づいていかれること、この変化に大変心が動かされました。

    「東京にイヲんおったんな」
    この一文だけでも(読んで良かったと思いましたし)、文字通り、思想書に値すると思います。
    動かない人の「深さ」。これはいま、とても重要な論点だと思います。

    人間は、人権、責任、民主主義など人工用語に流し込まれるゼラチンではないことが、緒方さんの言葉によって、説得されます。
    被害者という存在に安住しない、このようなメッセージを聞くと、緒方さんは純粋な意味で思想家だと思いました。民衆思想家とか、漁民思想家とか、そんな飾りはいらない。純な思想家。